流鏑馬

疾走する馬の上から矢を射る武士の技

流鏑馬は、天下泰平、国家安泰を祈り行われる神事で、流鏑馬衣装を付けた射手が馬を走らせながら鏑矢(かぶらや)で木製方形の三つの的を射ります。平安時代から鎌倉時代にかけて盛んに行われて、現在では鎌倉の鶴岡八幡宮や日光東照宮などで神事として行われています。流鏑馬を古来から現代まで受け継いでいる流派には小笠原流と武田流があります。

流鏑馬を執行する馬場は、両端を馬場元・馬場末といい、長さは約二町(約218 m)、柵は的側が三尺五寸(約106cm)、反対側が二尺八寸(約84cm)の高さがあります。的は、大きさを一尺八寸角(平騎射の場合は一尺五寸角)として、三ヵ所に立てます。